裸子植物や被子植物などに関して覚えました

裸子植物などにおいて実習しました。裸子植物の花には花びら・子房がなく、胚珠が剥き出しだ。花粉は虫でなく風の音を通じて運ばれる方法(風媒花)が多いです。裸子植物はマツ、イチョウ、スギがあります。3毎月から5毎月にわたって、スギの花粉が大量に雄花から発散されます。花粉は数100kmも飛び、スギ花粉症をおこします。被子植物はカキ、リンゴ、ナス、キュウリがあります。次は、お日様かげで育つ植物についてだ。栄養のつくり手法は、シダ植物という蔑ろ植物というソウみたいともに葉緑体調を握りしめ、光合成にて栄養をつくります。根・茎・葉の仕分け(維管束の有無)は、シダ植物は根・茎・葉の仕分けがあり維管束があります。蔑ろ植物というソウみたいは、根・茎・葉の仕分けがありません。なかまのふやし手法は、シダ植物は胞子でふえ、前葉体調をつくります。受精に水が必要です。蔑ろ植物は牝株、雄株があり胞子を通じてふえます。ソウみたいは胞子(遊走乳幼児)や排除、接合でふえます。知らないことを学べて良かったです。http://www.istitutoladino.com/