飛び出すな。ブリーチは急には終われない。

 髪の毛のカットとカラーリングして来ました!
 なんて。割とどうでもよくなる事案が発生。
 昨日の夜〜夜中の間という遅い時間帯に、会社から着信があった時点で、ある程度の予想はしていたんですが。
 頭にブリーチ剤を乗せられた瞬間に会社からヘルプ要請されました(笑)
 昨日の夜に三回、朝一で二回折り返し電話を掛けても出なかったので、予感はあったとは言え、美容院のキャンセルはせずに行ったんですよ。
 で、カットが終わって、美容師さんがブリーチ剤作ってる間に断り入れて電話したら、少ししたら折り返すと言われましてね。
 どうせ出勤になるなら、カットが終わった段階で、カラーリングのみキャンセルして出ようかとも思ったんですが。
 ま。アバウトな状態のままだったんで、頭にペタペタとブリーチ剤が乗っていきますよね。
 そして鳴り響く着信音。

上司「今日出れる?」←まぁ何度も言いますが予想はしていました。

私「大丈夫ですよ。何時からですか?」

上司「もう始まってる」

 すみません。私の頭の上でも、もう始まってました。
 という訳で、なるべく早く・カラーリングが終わり次第という事で、大体12〜13時には着くと約束しつつ、実際着いたのは11時半。
 そりゃあ、一応「もう始まってる」と言われていたので、事情はどうあれ遅刻扱いと思っていたので、言っちゃ何ですが社交辞令で「すみません遅くなりました」言ったら「いや、12時って聞いていたので、寧ろ早くて吃驚しました」と。ですよね。http://www.eurohaptics-2014.org/

気掛かりへの取扱いとセキュリティについて訓練

組織の障碍について授業しました。無視できない障碍が山盛り始める組織社会に、私たちはどうして対処していけばよいのでしょうか。目論みは大きく分けて2つあります。一つは不正な閲覧や悲劇を防いだりやる効用や、悲劇の出現から速やかに復旧する結果などの効用を前もってプロセスに持ち込む、といったシステムで対処することです。もう一つは、複雑な組織人前へお客様別個がふさわしい知識とワザおよびモラルをもって参加することです。つまり個人で対処して出向くセオリーだ。私たちはこれらの2つの対策を上手に組み合わせて通信化社会で活用して行く必要があります。プロセスの悲劇は社会にヤバイ影響を及ぼす結果、プロセスを構築するときに安心(大丈夫)を決めるように設計する必要があります。一際ウェブサイトのような大勢のお客様と複雑につながった組織の安心を確保するには、組織を構成している個々のプロセスが安心を決める必要があります。知らないことを授業できて良かったです。今日 借り れる カード ローン