太陽が昇るのが早くなるこの季節、目覚めが早くなる事

冬の時季、寒い早朝の6時はまだまだ外は暗くもうひと眠りしたいなと。寒さで布団から出るのが億劫に感じ、なかなか起きれなかった数か月前の出来事が日がたつごとに振り返ることが出来ることに驚く。暖かい春の心地も少しずつ過ぎ去り、暑さも加わるこの季節の目覚めは一段と早さを増す。同じ冬の6時とは違い太陽の昇りも早くなり「光」のまぶしさと共に目覚めることが出来る。また外では雀の声が響き渡り、朝だなと実感出来る目覚め。気候的にもこの春の「目覚め」が1番すきな季節。何をするにもカラダが動かしやすく健やかであるという事。この季節がずっと続いてほしいなと思うのだけれど、そうはいかない。暑い夏を前に、この清々しい太陽の目覚めをカラダに感じながら今日も1日を元気よく過ごしたいと思う。夏が近づく頃には、まだまだ一段と太陽の昇りも磨きを増して早くなることだろう。そのころには、暑さも増しスイカを美味しく味わっていることだろう。

半年振りにうつ病から同僚が職場に復帰しました

先週から、病気で半年間ほど休んでいていた職場の同僚が仕事に復帰しました。
まだ本調子とはいきませんので、いまは午前中だけリハビリのような勤務になっています。
しかし、徐々に仕事の感覚も戻ってきたのか、表情も復帰初日に比べると少し柔らかくなってきた気がします。
もともと、こつこつとまじめに仕事をするような人なのですが、そういう性格が原因なのか、あるときうつ病を発症してしまったそうです。
ニュースなどではよく耳にしますが、それほど身の回りにある病気だとは思っていませんでした。
なので、最初休職について知ったときには、少し驚いてしまいました。
うつ病というのは、完全に治るのには時間がかかりますし、見極めも難しい種類の病気なのではないかと思っています。
ですので、以前のように接っしてよいものかどうか悩んでしまうのですが、元気になった姿をみて、なんだかこちらも一安心しました。
自分のペースでいいので、ゆっくりと一歩ずつ前に進んでいってもらいたいと思います。ミュゼ 100円 カウンセリング

働き方改革の中でなぜ副業が注目されているのか

 最近のトレンドテーマと言えば、「働き方改革」がそのひとつではないでしょうか。転職市場をはじめ副業に関心を持つ方が急速に増えているそうです。
 現在は、働き盛りの40代の男性で会社員として働いてますが、副業がブームになる前から、「BIG tomorrow」などの雑誌をはじめサイド
ビジネスに関する本を愛読している理由もあるせいか、日ごろから副業に関する情報収集をしています。
 なぜ副業に関心を持ち始めたのかと言えば、身近な親が複数の収入源を得ながら生計を立てていたからです。小学生の頃から、会社員とは異なる売上
(月謝)がほぼ毎日のように入ってくるのを尻目に見ていて、実際に売上金の勘定などのお手伝いをしていたからです。
 その当時は、ファミコンブーム世代でしたが、多くの同級生がいる中私の家庭だけは、そういう流行物は買い与えてもらえませんでした。
 しかしながら、検定に合格したり稼業の手伝いをすれば、小学生にもかかわらず5,000円とか10,000円のお小遣いを貰えたりもしました。
 幼いころからこのような人生を送っていたので、副業に関心を持ってしまうのは自然の摂理でしょう。
 副業の種類は、宝の山のようにありますが、結論から言いますと時間が最大の武器になります。しかも、自分のペースで取り組めるため、取り組めば
取り組むほど成果報酬としてリターンがられやすいのです。
 ちなみに、今月の副業収入は初めて月10万円の実現益が達成されるかも知れません。やはり、副業の大半は成果報酬であるため、他のものとは違う
オリジナリティーが求められます。それは、塾経営の稼業をしていた親から学びました。具体的には、小学生向けの珠算塾を経営していましたが、ただの
珠算塾ではありませんでした。
 主な例としては、ライバル珠算塾と比べて1,000円以上安い月謝設定し、それに加えて塾生に兄弟姉妹がいる場合は、末っ子の月謝は割引していました。
それに加えて、クリスマスや夏休みは授業はしないでプールに出かけたりクリスマスプレゼントなどの子どもが喜びそうなイベントが偉大な効果があったの
かもしれません
 こんな経験があったので、副業も収入の糸口を増やす仕組みを創るため日々奮闘しています。それを実践することは容易ではありませんが、実際に報酬が
得られた時は、会社で貰う給料よりも実感が湧きますので自然にモチベーションが上がってくるのです。視力矯正 子供 田中