ダンスが魅力の雪組の2番手男役スター彩風咲奈さん

宝塚歌劇団雪組の彩風咲奈さん。2007年に93期生として入団し、入団時の成績は首席でした。小さい頃からバレエをしており、特にダンスが魅力的です。2008年、阪急阪神の初詣ポスターモデルに選ばれました。
雪組に配属になり、2008年1月『君を愛してる−Je t’aime−』では、幕開きに登場するピエロの役に入団1年目で選ばれ、ファンから注目を集めました。
2010年『ソルフェリーノの夜明け』の7年目までの若手が演じる新人公演で、当時のトップスター水夏希さん演じるアンリー・デュナン役に選ばれました。その後、同年『ロジェ』、2011年『ロミオとジュリエット』、2012年『JIN-仁-』、2013年『ベルサイユのばら−フェルゼン編−』でも主演を務め、合計5回新人公演で主演をしました。
2011年『灼熱の彼方』では、一期上の彩凪翔さんと共に初めてバウホールの主演をしました。2017年『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』でシアター・ドラマシティ公演初主演をしています。カードローン 借り換え おすすめ